heat02zeroのブログ

そしてまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月スイスひとり旅 その21(ウェンゲン メンリッヒェン ハイキング編)

f:id:heat02zero:20201031094505j:plain

メンリッヒェンの展望台から。ユングフラウ三山、べルナーオーバーラント地方、麓のインターラーケンまで360度見渡すことができる。訪れたら絶対に行きましょう。

こんにちは。@heat02zero です。

今回は8日目。メンリッヒェン〜クライネシャイデックのハイキングです。

ベルナーオーバーラント地方を一望できるハイキングコースなので、すごくおすすめです。

 

前回はこちら

heat02zero.hatenablog.com

 

今回のコース

ラウターブルーネン →ウェンゲン 登山鉄道

ウェンゲン→メンリッヒェン ロープウェイ

メンリッヒェン→クライネシャイデック ハイキング

クライネシャイデック→グリンデルワルト 登山鉄道

 

メンリッヒェンに向けて

午前のハイキングを終え、そのままの勢いで次のコースへ向かいます。本来もっとゆっくりすべきですが、明日がグリンデルワルトで行動できる最終日であり、天気も快晴ということで、欲張っていくことにしました。

まずは登山鉄道で、ラウターブルーネン からウェンゲンに向けて登っていきます。

f:id:heat02zero:20201031092748j:plain

徐々に登っていく登山鉄道の窓からは、ラウターブルーネン の谷や滝がよく見えた。

f:id:heat02zero:20201031092919j:plain

さっきまで向かい谷の上に居ました。感慨深いです。

ウェンゲン

f:id:heat02zero:20201031093037j:plain

綺麗な駅舎に、広い青空。まさに、天空の駅、といったところでしょうか。

ロープウェイ乗り場までは、街を歩き抜けて5分ぐらいだったと思います。

f:id:heat02zero:20201031093219j:plain

落ち着いた綺麗な街並みを歩いていきます。

ロープウェイ駅に到着しました。

f:id:heat02zero:20201031093340j:plain

中央上に小さく見える駅に向かってさらに登っていきます。

f:id:heat02zero:20201031093443j:plain

なんと、ロープウェイカーには展望デッキが。階段が備え付けられていました。確かに絶景を見られることは間違い無いですが、少し怖い。

天(展望台)へと続く道

f:id:heat02zero:20201031093632j:plain

メンリッヒェン駅に到着しました。出てすぐに絶景です。ロープウェイからの景色も最高でした。

 

展望台に向けて歩いていきます。 べルナーオーバーラント地方、麓のインターラーケンまで見渡すことができるということで、期待に胸が膨らみます。

f:id:heat02zero:20201031093755j:plain

展望台(メンリッヒェン ギンフェル)に向けて歩いていきます。その様子はまさに天へと続く道です。

短調に進むだけではなく、何度も振り返りたくなる景色が、後ろには広がっていました。

f:id:heat02zero:20201031094123j:plain

振り返ると、ユングフラウ三山がくっきりと。景色がひらけており、グリンデルワルト方面(左)、ラウターブルーネン 方面(右)の両方を見ることができます。

 

f:id:heat02zero:20201031094413j:plain

展望台が見えてきました。ラストスパートです。

展望台到着です。まるで、展望台になるためにできた地形であるかのようにベルナーオバーラント地方が一望できます。快晴の日に来れたのは、本当にラッキーでした。

www.instagram.com

 

 

ちょっと一休み

f:id:heat02zero:20201031094654j:plain

十分に堪能できたので、中央の建物が集まっているところで休憩することにしました。

f:id:heat02zero:20201031094850j:plain

降りてきました。奥に見えるのが展望台です。

バテたので、日陰で少し休みました。さすがに今日は歩きすぎた感があります。あまりのパーフェクトコンディションに欲張っちゃいましたね。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20201031095032j:plain

子供たちの遊び場がありました。地面に敷かれているのは、ウッドチップです。

 

クライネシャイデックへ向けて

 いよいよ、本日の最終コース、クライネシャイデックまでのハイキングルートです。ずーっとアイガーを見ながらハイキングを楽しめるので、このルートは、メンリッヒェンからクライネシャイデックに向けてハイキングすることをお勧めします。

f:id:heat02zero:20201031095310j:plain

目の前に見える山の左側に沿って歩いていきます。

歩くとこんな感じです。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20201031095458j:plain

ときどき岩壁に沿って歩くところもあるので、注意しましょう。

景色がとてもいいです。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20201031095629j:plain

ずっとアイガーが目の前に居続けます。推し山、というものがあったら、アイガーって言うかもしれないです。

f:id:heat02zero:20201031095850j:plain

体力的に、ミラーレス一眼(EOS RP)でなかなか撮っていなかったのですが、やはり鮮明さが違いますね(ブログだと画質落とさないといけないですが)。

f:id:heat02zero:20201031100017j:plain

ちなみに、左はグリンデルワルト方面がくっきりです。スイスの麓の町、って感じですね。

途中、避難小屋がありました。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20201031100130j:plain

途中の避難小屋で一休み。入り口が正方形で、景色をきれいに切り取れました。

f:id:heat02zero:20201031100249j:plain

見覚えのある線路も見え始め、コースも終わりが近づいてきました。

レストランで昼食

ここまで結構歩きましたが、朝食以降まともな飯を食べていませんでした。

そろそろお腹も空いてきたので、コース途中のレストランに入りました。

f:id:heat02zero:20201031100516j:plain

Zimmer Restaurant. ぜひ立ち寄ってみてください。

f:id:heat02zero:20201031100556j:plain

テラス席のあるウッドデッキを歩いていくと…

f:id:heat02zero:20201031100635j:plain

アイガーを前にして食事が! 景色が素晴らしいです。

f:id:heat02zero:20201031100742j:plain

最高のレストランです。奥の展望台に登ることもできます。眩しいので、みなさんサングラスかけてますね。日差しが強いです。

f:id:heat02zero:20201031100949j:plain

まずはコーヒー。この景色を前にして、不味いわけがない。ビールも絶対美味しいでしょうね。

f:id:heat02zero:20201031101040j:plain

でっかいハンバーガー。味はもちろん美味しいし、バンズのセサミもいろいろでおもしろかった。

合計で25.5CHFでした。ちょっとお高い気もするけど、景色もいいし、ボリューミーだし、高地で運ぶのも大変ですから、値段相応ですね。またいきたいです。

食事を終えた後、奥の展望台に登りました。ぐるっと一周撮っています。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20201031101334j:plain

クライネシャイデック方面がみえました。レストランだけ行きたかったら、こちらからの方が圧倒的に近いです。

f:id:heat02zero:20201031101438j:plain

ミラーレス一眼で撮ると、岩壁のゴツゴツとした表面や紋様、落ちる寸前の氷河のざらついた感じがよくわかります。

f:id:heat02zero:20201031101633j:plain

アイガーはこんな感じ。この地方の守り神ですね。

レストランを出て歩き出すと、クライネシャイデック駅はすぐそこです。

f:id:heat02zero:20201031101744j:plain

最後まで絶景でした。寝転びたくのも良くわかる。旅行から1年経ったし、この家はもうできているのかな。

www.instagram.com

クライネシャイデックに到着し、無事に電車でグリンデルワルトに戻りました。

 

お茶にトライ

ホテルでさっぱりしたのち、ご飯を買いに、COOPに行きました。いい加減、無糖のお茶が飲みたいと、飲み物コーナーで片っ端からペットボトルのお茶を買い続けていました。残念ながら、結局全て砂糖入りでした。ブラックティーなのに、加糖とは…。 ちょっと悲しい気持ちになりました。

 

この日のまとめ

ここも最高のハイキングルートでした。ベルナーオバーラント地方に行くなら、絶対歩いておくべきだと思います。

一応Vバーンプロジェクトだったかで、今年ぐらいからはグリンデルワルトからメンリッヒェンのアクセスが良くなるみたいなのを聞いた気がするので、わざわざラウターブルーネン 側に回らなくても良くなるようです。

 

次回(フィルスト編)へ続く