僕はまた、旅に出る。

僕はまた、旅に出る。

英語字幕版動画を作ってみて気付いたこと

 

先日、動画と記事で書きましたが、英語の勉強も兼ねて、英語字幕版旅行記 #1 を作成し、公開してみました。

 

youtu.be

 

英語版の動画をつくってみて、気づいたこと、苦労した点などを備忘録がてら、書いてみようと思います。
自分の動画を英語化しようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

英語字幕作成の流れ

英語字幕版を作成した手順は以下です。

  1. オープニング(英語版)の作成

  2. #1(英語版)の作成

  3. #2(英語版)の作成

  4. #1と#2の結合

  5. サムネイル(英語版)の作成

英語字幕化にあたって利用したのが、英語翻訳ツールと、英語校正ツールです。
日本語で記載していた字幕を、単に英語翻訳ツールにかけるのではなく、

  1. 日本語文の語彙的・文法的平易化・不要な文を削る

  2. 自分で英語化

  3. 翻訳ツールでの翻訳結果との比較・修正

  4. 英語校正ツールでの最終校正

のような手順で英語字幕を作りました(文脈確認しないと、誤訳しますからね)。

 

英語字幕化にあたって気づいたこと

日本語との文法構造の違い

例えば
「〜なので、」
「〜しました」
という字幕があったときに、
英語だと
「〜しました」
「なぜなら〜だったからです」
のように文の順序を変えたり、くどい文章を削りました。
日本語と違い、漢字のような表意文字ではないので、1字幕に押し込める情報量を削らないと、わかりにくくなるためです。加えて、英語での話し方の順序に変えないと違和感がある部分も(自分の英語力の範囲で)少し変えました。

 

同じ訳出ミスばかりしていることに気づける(英語の勉強になる)

やはり、英語は使わないと、英語は使いこなせないということを編集中に身に沁みました。
まず、自分で英訳した際によく間違えていたのが、arrive(動詞)です。
I arrive (場所)と間違えがちですが、正しくは I arrive at (場所)です。
おんなじミスを繰り返していたので、自分が間違えて覚えているところに気づくことができ、勉強になりました。
あとは、時制ですね。手癖で、助動詞(can, will等)の過去形 + 否定系 + 動詞の過去形を書いちゃったり、受け身で書けてなかったり、というのを散見しました。

あとは、語彙の平易化するのはいいんですが、バラエティがとたんになくなってしまったので、基礎的な語彙力を上げる必要もありそうです。もちろん、基礎的な語彙だけでも十分伝わるとは思いますが、味っけない字幕になってしまいますからね。

加えて、話し言葉調が良いのか、書き言葉調が良いのか、その辺りも見極めて行けたらいいなと思います。

 

意外と追加の編集時間がかかる

#1と#2の編集データを元に、英語版#1を作成するので、かかっても2時間程度で編集が終わるんじゃないか、と思っていました。しかし、そんなことはありませんでした。
翻訳結果の突き合わせや、字幕の都合上、"g" や "y" がはみ出る部分を少し直してみたりとやっているうちに、各話3時間程度かかってしまいました。ある程度、根気が必要になりそうです。
今のところ、日本語での語り + 英語字幕等は考えていないので、今後の投稿でやるとしたら、日本語と英語の字幕を同時に出す、とかになるのかなと思っています(少し妥協しました)。

 

日本語版と英語版チャンネルを分けるべきなのか?

正直、これは出してみないとどうなるのかわかりませんが、メリットデメリットあると思います。
メリットとしては、海外からも観てくれるので、観てくれる方の母数が増え、チャンネルの幅が広がる点かと思います(自分も、英語の勉強がてら、海外の方と交流できたらいいなと思って作りました)
一方、デメリットとしては、公開先が中途半端、ということでしょうか。動画の公開先や居住地域を設定できたりするようなのですが、海外の人に見てもらうとするなら、公開先を海外にした方がいいなんて話も聞いたことがあったりします。
それに、2言語の動画を同一チャンネルで出しても、日本語の動画だけ、英語の動画だけ、と、わかる言語側しか観てもらえない可能性もあります。
まずは、しばらく様子を見てみたいと思います。

 

まとめのようなもの

英語字幕版を作るにあたっての所感を書き出してみました。
もっと英語を使いこなせるようになりたいなと思いました。
もう少し早く編集できるようになったら、差別化できたらいいなと思います。

【スイスひとり旅 11】 人生最高の”絶景”ハイキング! / スイスハイキングの天候差を知ろう!(動画版あとがき)

みなさんこんにちは。

 

旅行記動画化、第11話が公開されました。

 

youtu.be

 

 

heat02zero.hatenablog.com

 

heat02zero.hatenablog.com

 

動画版の後書き・補足

スイスハイキングにおける、天候の重要度

今回は、前日のルートのリベンジという形で、濃霧/快晴の景色をお届けしました。
快晴のときに、ミューレンをハイキングができると、とんでもない絶景みられることがわかりました。

谷底のラウターブルーネンも同様です。晴れの日をしっかりと狙っていきましょう!

谷間の村の"真の姿"が現れました!

 

ユングフラウ3山とウェンゲン地方を望む車窓

グリュッチアルプからミューレンまでの車窓は本当に絶景で、ユングフラウ3山や、対崖のウェンゲン地方と、山々の稜線を眺めることができます。

メンヒとユングフラウの間に、スフィンクス展望台が観えます

谷底を走る登山鉄道とは違い、高地の崖沿いを進むため、景色の変化がある素敵な路線でした。ぜひ、投稿した動画で雰囲気を楽しんでみてください!

 

中間駅のウインタエッグにはレストランが併設されていました

稜線がくっきり。ウェンゲン地方もよく観えました! 山の向こうはグリンデルワルト地方

 

次回予告

次回は、ラウターブルーネンから、ウェンゲンを経由してメンリヘェンへ登り、ユングフラウ地方を一望できる展望台と、ユングフラウ3山へと向かって歩く、展望ハイキングをお届けします!

チャンネル登録・応援お願いします!(既にしてくださっている方、めちゃくちゃ動画作成の支えになってます!ありがとうございます!)

www.youtube.com

語学学習の"ペイン"と向き合う

語学学習に代表される資格学習ですが、大半の人は単位認定や昇進に必要だから「取らなければいけない」といった外的要因による勉強で、学習モチベーションが高まらないのではないでしょうか?

 

かくいう自分も、モチベーションはあるけど、ゆるく語学学習しているため、自分に言い訳をし、サボってしまうことがよくあります。今でこそ、コツコツ作業できることも増えましたが、小・中学生の時は、夏休みの宿題は最後の週に頑張るタイプでした。

 

試験の申し込みをして、

「まだ1~2ヶ月あるし大丈夫でしょ」

と思って余裕ぶっこいていたが、一週間前になって、

「週末試験だけど、全然勉強できてないや…やばい」

 

なんて話はよくあると思います。

 

先日、TOEIC学習方法について雑記を書きましたが、学習に向き合う学習姿勢については書いていなかったので、自戒の意味を兼ねて、「やりたくないな〜」とか、「しんどいな〜」と思っている、自分の語学学習のペインに向き合い、「何が勉強を阻害しているか」、「やる気を奪っているか」を知り、解決策を考えたり、自分を許す方法を模索してみようと思います。
何か、読んでくださる方にとってのヒントになると幸いです。
※ 年内にTOEIC受けるので、そこに向けた整理も兼ねています。

 

(自分の)語学学習のペイン

 

時間に関するペイン

まとまった勉強時間を確保できない / 時間がない

→ 本当にそうでしょうか?
分刻みのスケジュールですか? 社長でないのなら、時間はあるはずです。

今、スマートフォンをスクロールして失った勉強時間は、試験前日に"復習"できる内容を勉強していたかもしれません。

まとまった時間がなければ勉強できない人は、まとまった時間がなくても頑張って勉強している人に負けます。短い時間でも、まずはできることから勉強してみましょう。

 

じゃあ、短い時間で勉強するにはどうしたらいいんだ?
→ 問題を分割しましょう。勉強するなら全部の範囲を(一度に)やらなければいけない、と感じているんじゃないですか?
全部こなせるようになるのは、もっとできるようになってからで大丈夫です。いきなり全部こなせる人は、もう必要なスコアに近づいている人でしょう。

時間がないなら、効率を考えましょう。今できていることはなんですか?
リスニングですか? リーディングですか?
それとも、文法問題ですか? 文章問題ですか?
どのパートが得意ですか? どのパートが苦手ですか?
得意を伸ばすより、苦手を伸ばす方がスコア上昇確率は高いです。優先度付けして取り組みましょう。
あ、でもまずは最低限単語を覚えることはやった方がいいです。

 

じゃあ集中するにはどうしたらいい?
→ なぜ集中できないと思いますか?
環境?体力?
家だと人目がなくてサボってしまうなら、人目のある場所で勉強しましょう。
テキストで勉強しているなら、勉強中にWIFIスマホは必要ないです。
スマホで勉強しているなら、他のバックグラウンド起動アプリは消して、通知も切りましょう。
体力なら、体力のある時間帯に勉強しましょう。仕事終わりは疲れているなら、仕事前に1時間でいいから集中してやりましょう。それで、寝る前は単語を覚えるとか、暗記系にした方がいいです。

 

量に関するペイン

試験問題を一度にこなすのがしんどい / ちょうどいい量の勉強ができない

→ 上記でも書きましたが、優先づけと問題の分割をしましょう。一度に全部勉強するのは無理です。あなたの秘孔を見つけて突きましょう
例えば、大問ごとに曜日を分けて解いてみたり、問題を、時間を測って解くとき(速読)と時間を測らずに解くとき(精読)の二つでやってみる、などメリハリをつけてやってみると、少しは刺激があっていいかもしれません。
中途半端にやると、めんどくささが打ち勝つのが人間です。やるなら、やることをはっきりさせてから取り組むのも良いかもしれません。

 

丸付けで精一杯 / 解説まで一個一個丁寧に追うのがツラい

→ 全部解いてから採点・解説をするのはツラいです。めっちゃわかります。
ランナーの電柱方式(正しい名称は不明)のように目標スパンを短く切って取り組んでみるのはどうでしょう?
・1問解く → 採点する →  解説を確認する
あとは、最初から気合いれすぎ、もあるかもしれません。無理にたくさん解こうとはせず、しんどくならない程度の量からこなしていきましょう。
バーベルを100kg上げる人は日々鍛錬している人です。上げる力がない人や、正しい上げ方を知らない人が無理をして上げようとすれば体を壊しますよね。
今日は10問やったら終わり。自分に合う目標を定めましょう。

 

やる気に関するペイン

習慣づけが難しい/スケジューリングできない

→ 習慣は身につけるものではなく、勝手に身につくものです。
身につかない習慣は、たぶん、生活の導線上を外れているのだと思います。
程度が大きかったり、特別な動作が必要だと、3日までは意識的にやるのかもしれませんが、なかなか身につかないです。

あとは、目標なき実行も習慣にはつながらないと思います。
ただ、こなすのではなく、何のために何をどこまで(どの程度)やるかを日割りしてやるといいかもしれないです。

 

モチベーションが続かない

→ これは、前回も書きましたが、資格取得を目標にしない、というのがいいかもしれません。

 

heat02zero.hatenablog.com

正直、英語の勉強で一番大事なのは、モチベーションだと思います。環境的要因(海外赴任や仕事で英語を使う)がない限り、勉強が嫌いだったり、英語が得意でない人は、TOEICそのもののスコア取得をモチベーションにやると、続かないことが多いです。

個人的におすすめなのが、「英語(TOEIC)を目的のための手段として学習する」ことです。例えば、海外旅行に行きたい、とか、リアルやオンラインゲームで外国の方と仲良くなりたい、とか、自分の創作物を英語でも配信したい、などが挙げられると思います。

前回自分が書いた上記のTOEIC学習の記事から抜粋

でも、取らないと昇進に関わると言われて…」
「入試で必要だし…」
昇進したい、合格したいという気持ちは本当にありますか?
"その願い"が本心なのか、再確認してもいいかもしれないです。



その他のペイン

綺麗な参考書に書き込みをしたくない。本番では問題用紙に書き込みNGだから、問題集に書き込みたくない

→ これって僕だけですかね?
でも、これって要するに、書く用の問題集があれば解決するってことですよね。
なら、書き込む用にもう一冊買いましょう
確かにテキスト代は嵩みますが、投資コストとしては圧倒的に安いです。
仮に、海外旅行や海外赴任したいと思った際に、語学がハードルで諦めることになったり、現地で通訳をしてくれる人がいなくて、行動に制限がかかってしまったり、話せなくて通訳雇わなければいけなくなったり、海外のお土産屋さんでぼったくられるぐらいなら、今テキストをもう一冊買って英語ができるようになる方が、圧倒的に安く済みます。
もう一冊買ってジャンジャン書き込みましょう!

 

あんまり体調が良くない/疲れを感じていて勉強が…

まずは体調を整えましょう。一旦全ての作業を中断して、しっかりご飯食べて寝た方がいいです。自分のこれまでの経験上、睡眠時間を必要以上に削ることはエナジードリンクの摂取と大差ないです。副作用の大きい元気の前借りだと思ってください。かえって集中力や体力、パフォーマンス、記憶定着を下がります。極力やめましょう。
まずは、体をご自愛ください。

 

まとめ のようなもの

自分自身が感じる語学学習のペインについてまとめてみました。
文字に起こすことで、自分のペインを認知・理解でき、解決策を考えるきっかけになったのはよかったです。またペインを感じたら、書き足そうと思います。

 

英語ができれば自己実現できることやできる仕事も増えるし、いろんな人とコミュニケーションができるようになるので、もう少し頑張っていきたいです。
あわよくば、英語で旅行動画も出していきたいです(観てくれる人が段違いで増えますし)。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
楽しんでいただけましたら、いいねやシェア等していただけると嬉しいです。
記事書いてよかったなぁって思えますのでよろしくお願いします!

 

普段は、スイスの旅行動画を投稿しています。


youtu.be

youtu.be

チョコレートにフィンランドへの思いを馳せて

10月に入り、海外からの旅行緩和が進み始めています。

 

去年も書いたのですが、次にヨーロッパに行けるなら、行きたいなと思いを馳せる国があります。

 

それがフィンランドです。

 

カフェ大国、豊かな自然、おしゃれな雑貨や食器ブランド、シナモンロール、"かもめ食堂" の舞台、ムーミン…。挙げるとキリがないほど、魅力あふれる素敵な国です。

 

なかなか旅行計画の立たない現在ですが、自宅でもフィンランドを楽しむ方法はいくつもあります。

 

heat02zero.hatenablog.com

 

そのうちの一つがチョコレートです。

 

昨年、購入したのがきっかけです。

 

heat02zero.hatenablog.com

 

今年も去年と同じ、カールファッツェルのチョコレートを買いました。

外箱。内容量 270g で結構しっかり入ってます。

 

日本で販売されている場所は少ないようで、今回もフィンランドから取り寄せしました。
フィンランドの荷物札が貼られた段ボールが届き、心を躍らせました。

あけるとチョコがぎっしり。宝石箱です。

ミルクチョコレートですが、海外特有の甘ったるさがあるわけではなく、なめらかな舌触りに、甘美な甘みが舌いっぱいに広がります。日本のよくある市販のチョコレートのように、砂糖の甘みが強く感じられるのではなく、甘みとカカオの風味が溶け込んだ、素敵な味わいです。

 

北欧のエッセイ本を読みながら、いつか行けるその日に向けて、フィンランドへの思いを馳せる日々です。

去年から新刊が複数出ていて、毎回楽しく拝読しています

2-3年以内にいけるといいなぁ。

【スイスひとり旅 10】絶壁!落差300m の巨大滝!シュタウプバッハの滝と、霧のミューレン散歩(動画版あとがき)

 

みなさんこんにちは。

旅行記動画化、第9話が公開されました。

youtu.be

 

以前書いた、対応するブログ記事はこちら

 

heat02zero.hatenablog.com

 

heat02zero.hatenablog.com

 

動画版の後書き・補足

地獄の筋肉痛

スイスの旅行も後半戦。スイスにくる前に、筋トレやジョギングで体力トレーニングを重ねてきたのですが、前日の、クライネシャイデック〜グリンデルワルトの下りのハイキングで、腰・お尻・後ろの太ももという、トレーニングで十分に鍛えられていなかった部分の地獄のような筋肉痛がやってきました。

この時は、晴れていたとしても、アップダウンの少ないコースしか、ハイキングできなかったと思います。しかしながら、スイス旅行から帰ってきてジョギングをした所、スイスでのハイキングが、一種の高地トレーニングになっており、タイムがものすごく伸び、めちゃくちゃ体力がついた記憶があります。

 

ラウターブルーネン・シュタウプバッハの迫力

本当にスイスらしい情景でした。旅行前に、他の方の旅行記などで観ていたのですが、動画と現地での体験に、(いい意味で)大きな乖離がありました。絶壁のU字谷に挟まれた村は、穏やかだが荘厳で、ベルナーオーバーラント地方に訪れる方には、是非ともお勧めしたい観光スポットです。

www.myswitzerland.com

 

本当は行きたかったシルトホルン

動画内にも出てきましたが、ミューレンからロープウェイで行ける山です。山頂のレストランの建物は360度回転し、絶景を見渡すことができます。
ロープウェイ駅から、山頂のライブカメラを確認することができたのですが、見晴らしが悪く、諦めることにしました。次回、訪れる際にはトライしたいです。

www.myswitzerland.com

 

異国の電車で感じる、人々の営みを知ることの楽しさ

これは、日本でも言えることですが、電車では、普段の日常では決して交わることのない人と、わずかな時間を共にする不思議な空間です。
今回も、行きの電車でおばあさんに声をかけられ、帰りの電車では遠足中の保育園児?小学生?と乗り合わせました。
自分にとっての、旅行の楽しみのひとつとして、その地に住む人々の生活模様を知ること、があります。そういった様子を、電車という空間の中で感じ取ることができたのが、楽しかったなと、今振り返ると感じています。

 

これだけは言いたい!

次回は絶対見てください!
今回の場所が快晴になると、どんな絶景が現れるかをお見せします!

チャンネル登録・応援お願いします!(既にしてくださっている方、めちゃくちゃ動画作成の支えになってます!ありがとうございます!)

www.youtube.com

【予告編】僕らだけの秘湯と、砂浜と。【式根島】

 

式根島旅行記の予告編動画を公開しました。

youtu.be

 

今年6月に旅行したときの動画になります。
サムネイルの写真や記事として、以下の記事に既に登場していました。

 

heat02zero.hatenablog.com

 

heat02zero.hatenablog.com

 

式根島は、東京にある小さな離島で、竹芝桟橋からジェットフェリーで約2時間半で訪れることができます。島には美しい砂浜と、複数の温泉があり、歩いて巡ることができます。

 

次の スイス旅行記#10 のあとに投稿予定です。
本編が公開されましたら、旅行記事も書きたいと思います。

 

それでは、お楽しみに!

【完走】"書くこと"は1ヶ月後の自分をどう変えた?【1ヶ月毎日投稿】

 

8月1日から始めた1ヶ月間毎日記事投稿企画ですが、無事に完走することができました!

 

 

heat02zero.hatenablog.com

 

最終日の今日は、この1ヶ月で生まれた記事と、書き終えての思いを残しておきたいと思います。

 

おすすめの記事

反響があった記事

 

heat02zero.hatenablog.com

やはりみなさん英語学習に興味があるのだということがわかりました。

 

heat02zero.hatenablog.com

美術鑑賞法、または美術鑑賞の面白さについては、自分もいろんな情報から学ぶまでは知ることができなかったので、書き残せて良かったです。

 

 

お勧めしたい記事

heat02zero.hatenablog.com

ペンギンは健康にいいので是非読んでください。

 

heat02zero.hatenablog.com

空想世界が実現したら、現実世界をどう変えるか?
そこから、世界はどう変わっていくのか。そういったことを楽しくかけた気がします。

 

印象に残っている記事

 

heat02zero.hatenablog.com

 

heat02zero.hatenablog.com

美術館と旅行をテーマに小説を書いてみました。
どちらも、「誰かにとって映る世界はどうみえるのか」そういったものを主軸にしつつ、いい作品になったのかなと思っています。

 

 

heat02zero.hatenablog.com

 

heat02zero.hatenablog.com

どちらも、旅行先に行ったからこそ気づけたこと、感じられた感覚かなとおもいます。こういったことも、旅行に行く醍醐味ですね。

 

 

完走して感じたこと

 今回は、シリーズものや同じトピックで一ヶ月間書かずに、いろんなジャンル・表現方法で記事を書きました。そのため、振り返ると、常にいろんなことを考えていた1ヶ月だったなと思います。


ある程度、事前に書く内容をメモしていたのですが、終わりが近づくにつれて、どんどん余裕がなくなりました。「前後と被らないように」とか、「こっちの方が書きたいな」とか、書いたからこそできる、寄り道、回り道もできたのかなと思っています。総じて、マラソンをしているような感覚でした。

 

 一方で、自分の中に眠る"熱量"みたいなものにも気づくことができたんじゃないかなと思いました。ブログ以外にも、動画投稿など、別のクリエイティブ活動も並行してやっているので、今回の"熱量"を他のことにもうまく活かして、いいものを作っていきたいです。多分、その"熱量"をうまい具合に記事として継続して消化できたのは、"完璧よりもまずは出す"という精神で続けたためかなと思っています。今後は、月1回出す、というよりも、何か感じた時に、鮮度の高いうちに、もっと気軽に記事を出していきたいなと思っています。

 

 そして、改めて感じたのが、「毎日動画投稿等をおこなっている人たちの凄さ」を実感しました。動画編集だけではなく、走りながらいいネタ探すのは本当に大変だと感じました。

 

総じて、思い出に、そして、形に残る2022年の8月にできたかなと思っています。

 


最後に、読んでくださっていた方、「スター」つけてくださった方、ありがとうございました! とても励みになりました!

紹介していない記事についても、右のカテゴリ欄で「一ヶ月記」と設定してありますので、よければご覧ください。

 

引き続きよろしくお願いします!

 

 

普段は、旅行動画を投稿しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

www.youtube.com