heat02zeroのブログ

そしてまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月スイスひとり旅 その18(曇りのミューレン編)

f:id:heat02zero:20200817104314j:plain

ミューレン駅のプラットフォーム。掲揚されているのは、ラウターブルーネンの市章(左)とベルン州旗(右)。車両は昔ながらの内装で、一両編成。

 

こんにちは。@heat02zero です。

今回は前回に引き続き、スイス旅行7日目。曇り模様のミューレンでの散歩の様子をお届けします。

 

前回はこちら。

heat02zero.hatenablog.com

 

グリュッチアルプへのロープウェイ

ラウターブルーネンの駅前から、グリュッチアルプ行きのロープウェイに乗ります。グリュッチアルプは、ミューレンへアクセスするための中継駅になっています。ロープウェイはかなり大きく頑丈な作りで、搭乗時も賑やかでした。

f:id:heat02zero:20200817110959j:plain

あいにくの曇りで到着地点が見えませんでした…

出発すると、グングンと登っていきます(下の動画)。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20200817111118j:plain

ラウターブルーネンの風景を一望できます。


グリュッチアルプ

到着し、目の前の改札を抜けると、ミューレン行きの電車が待ってくれています。

f:id:heat02zero:20200817111430j:plain

電車の車内より。前方にみえるロープウェイからの乗り換えです。同じ建物内なので、乗り換えがとても楽。

ここ、グリュッチアルプ駅から降りることもでき、ミューレン方面へハイキングも楽しむことができます。翌日のリベンジ編では、ここで下車し、ミューレンに向けてハイキングしましたので、そちらも要チェックです。 

 

I wish your sunshine

ミューレンに向け、列車が進み始めました。一両編成の車両は長く使っているのでしょうか、修繕がされた昔ながらの内装でした。その一方、線路はきれいに舗装されています。それにしても、よくこんな崖の上まで荷物を運んで、鉄道を建設したな、と思いました。山岳鉄道王国おそるべしですね。

残念ながら、車窓は真っ白。サイレントヒルのような世界を、ただ駆け抜けていくのみでした。

f:id:heat02zero:20200817112021j:plain

ご覧の通り、視界は真っ白。映画"ミスト"を思い出します。ちゃんとミューレンに到着するのでしょうか…。

きっと、その残念さが、表情に出ていたのでしょう。向かいに座るおばあちゃんに話しかけられました。

「どこからきたの」

「日本からです」

「まぁ、そうなの」

そして、一言。おばあちゃんは元気付けてくれました。

"I wish your sunshine"

あなたが笑顔になりますように。きっと晴れますよ。いいことありますよ。そういうニュアンスなのでしょう。その言葉は、この旅を通じ、自分の"お守り"になりました。

翌日、その効力が発揮されることになるとは、当時は思いもしませんでした。

 

ミューレン

ミューレン駅に無事に到着しました。相変わらずあたりは真っ白です。

f:id:heat02zero:20200817112540j:plain

シンプルなプラットフォーム

f:id:heat02zero:20200817112649j:plain

駅舎。ガスの先は何がみえたんだろう。

f:id:heat02zero:20200817112759j:plain

駅前には、ホテルが軒を連ねています。本来、絶景が拝める(次回か次々回の記事参照)ので、ここで宿を取るのも良いと思います。

左の道を進むと、シルトホルン行きロープウェイのミューレン駅。右の坂を登っていくと、アルメントフーベル駅へ行くことができます。分岐はしていますが、奥で道がつながっており、ぐるっと回ってくることができます。自分は、左回りで歩いてみることにしました。

f:id:heat02zero:20200817113020j:plain

穏やかな雰囲気ですが、雑貨屋やお土産、レストランなど、山奥にしてはかなりお店があった印象です。

歩いてみた雰囲気は下に動画を載せたので、参考になると思います。

www.instagram.com

 

f:id:heat02zero:20200817113211j:plain

編み物やさん。見覚えのあるマスコットキャラクターがいました。

f:id:heat02zero:20200817113258j:plain

屋外チェスが庭先にありました。天気がいい午後に遊んでいらっしゃるのかな?

f:id:heat02zero:20200817113357j:plain

駅が見えてきました。左は麓から、右に隠れている駅舎が、シルトホルン行きです。

 

ミューレン駅(ロープウェイ)で一服。

駅舎の中では、シルトホルン行きの人たちが列をなしていました。シルトホルンからのリアルタイムビューカメラを確認したところ、部分的に晴れているようでした。しかし、情報を確認すると、これ以上の天候回復が見込めないようでした。シルトホルンは諦め、駅の中のカフェで軽食を取ることにしました。

f:id:heat02zero:20200817113613j:plain

カフェの窓より。相変わらず景色は一面の白。

f:id:heat02zero:20200817113751j:plain

ピザとコーラ(12CHF)。ピザの値段は割と(スイスの高地での食事としては)良心的だった気がします。コーラの味が若干違うように感じられたのは標高のせいでしょうか。チェリー感がありました。

 

ミューレンへ折り返し

アルメントフーベル駅を経由して、折り返すことにしました。

f:id:heat02zero:20200817114031j:plain

スイスの家屋っていいですよね。花が飾られていて、彩りがある感じが好きです。

f:id:heat02zero:20200817114229j:plain

アルメントフーベル駅に到着しました。

一直線に駆け上がっていくようです。

f:id:heat02zero:20200817114357j:plain

一帯のマップがありました。拡大してみます。

f:id:heat02zero:20200817114430p:plain

今いるアルメントフーベルが3番。シルトホルンが1番です。明日は黄色のハイキングコースを歩きます。

f:id:heat02zero:20200817114646j:plain

ミューレン駅が見えてきました。この景色が本当はどのような姿なのか。次回をお楽しみに!

f:id:heat02zero:20200817114746j:plain

この何も見えない風景が、恐ろしい絶景に様変わりします。

 

帰路

散策を終え、ミューレン駅から、ラウターブルーネンに向けて戻ります。

f:id:heat02zero:20200817114904j:plain

プラットフォームに降りてきました。ドイツ語、フランス語、英語で"さよなら"と記されていました。ここはドイツ語圏のようです。

f:id:heat02zero:20200817115035j:plain

人がいなくて、かえって写真が撮りやすかったです。

帰りは遠足に来ていた保育園?の子供達がたくさん乗ってきて賑やかでした。

www.instagram.com

 

f:id:heat02zero:20200817115134j:plain

標高が下がってくると、少しずつ視界が回復してきました。向かい側に見えるのはウェンゲンでしょうか。

f:id:heat02zero:20200817115225j:plain

グリュッチアルプまで戻ってきました。

f:id:heat02zero:20200817115256j:plain

ラウターブルーネンに向けて下っていきます。

f:id:heat02zero:20200817115314j:plain

かなり視界がクリアになりました。

f:id:heat02zero:20200817115341j:plain

すぐ奥にラウターブルーネン駅が見えます。


ラウターブルーネン到着。グリンデルワルトへ。

f:id:heat02zero:20200817115434j:plain

ラウターブルーネン駅のプラットフォーム。インターラーケンオスト行きの電車が来ました。

ラウターブルーネンの駅前にあるCOOPでアップルサイダーを購入し、喉を潤した後、ホテルのあるグリンデルワルトに戻りました。

 

f:id:heat02zero:20200817115615j:plain

行きと同じように、分岐駅のZuweilütschnen駅で乗り換え。麓の天候は回復してきたようです。

今回のミューレンの天候は残念でした。そのため、リベンジをすることにしました。

翌日のリベンジでは、景色がとんでもないことになりました。ぜひ違いを見てもらいたいです。

次回に続きます。

heat02zero.hatenablog.com