heat02zeroのブログ

僕はまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月スイスひとり旅 その15(アイガーグレッチャー 〜 クライネシャイデック ハイキング編)

f:id:heat02zero:20200725234211j:plain

快晴のクライネシャイデック駅より。雄大ユングフラウ三山をバックに絶景を楽しめる。

 

こんにちは。@heat02zero です。

今回は、アイガーグレッチャーからクライネシャイデックのハイキング編です。

どこまでも絶景です。

 

前回はこちら

 

heat02zero.hatenablog.com

昼食@アイガーグレッチャー駅

今回の旅で、事前計画していた場所の一つが、ここ、アイガーグレッチャーです。

アイガーグレッチャー駅直結のレストランからは氷河、そして絶景を眺めながらランチをとることができます。こんな場所でご飯を食べてまずいわけがないです。

f:id:heat02zero:20200725214943j:plain

電車を降りるとすぐに絶景が。快晴で空気も美味しい。

f:id:heat02zero:20200725215108j:plain

谷の向こうにミューレン方面の景色が見えます。

レストランに入り、広がる景色に見ほれたところで、テーブルに着きます。

f:id:heat02zero:20200725223108j:plain

コーラを注文しました。高いところに来ると、空気がおいしいからかドリンクが美味しい。

f:id:heat02zero:20200725223427j:plain

ランチョンマップがきました。

せっかくなので、チーズ料理をたべたいなと考えていたので、お店の方にラクレットがあるか聞いてみました。しかし、ないとのことで、チーズ料理のお勧めを聞いて、名前はわからなかったけど、おいしそうな料理をオーダーしました。

f:id:heat02zero:20200725223607j:plain

鉄板にチーズ、目玉焼き、チリペッパー。チーズの下にパンとハムが敷かれていて、別でパンが付きました。チーズは白ワインの風味があり、おいしかった。

f:id:heat02zero:20200725223755j:plain

雄大な景色を堪能しながら食べるランチは本当に素晴らしかった。

↓見渡すとこんな感じです。

 

 

www.instagram.com

 

付属したパンが食べきれなかったので、お持ち帰りしていいか聞いて、持ち帰りました。

 テーブルの後方の山からは氷河がせり出していて、氷河が砕け落ちる音を聴くことができました。谷を揺るがすように轟音が響き渡り、その耳慣れない音に恐怖を感じました。でも、写真のような静かな風景の中で、現実感を与えてくれた雷鳴のような轟音は、自分のなかで思い出深い瞬間になりました。

山を流れてくる氷河は日差しに照らされて、きらきらと輝いていました。

 

クライネシャイデックに向けて

レストランのテーブルから見えていた、稜線のような細い断崖絶壁を歩くのかと思って恐々としていましたが、そうではなく、線路沿いのなだらかなルートを歩くことができました。

道は整備されており、風も穏やかで大変歩きやすかったです。ところどころ登山道整備の工事がなされていました。

f:id:heat02zero:20200725224607j:plain

巨大な山々をバックにハイキングコースを進んでいきます。氷河が流れてきています。

f:id:heat02zero:20200725225740j:plain

線路を渡ります。

f:id:heat02zero:20200725231138j:plain

クライネシャイデック方面がみえてきました。

f:id:heat02zero:20200725225830j:plain

しばらく歩くと、ミッテルレギ小屋(登山小屋)に到着しました。小屋の先は崖で、風が吹いていなくても怖い。

f:id:heat02zero:20200725230837j:plain

振り返ると、アイガーグレッチャー方面がよく見えます。どれだけ巨大な岩山なのかがよくわかります。

どこを切り取っても景色が素晴らしいです。

 

www.instagram.com

 

 

 電車の低音と、時折野鳥のさえずりが響いてきます。

www.instagram.com

 

f:id:heat02zero:20200726160313p:plain

トンネルの先が湖です。

f:id:heat02zero:20200725210721j:plain

上からは鉄道が斜面を登っていく車輪の音が響いてきました。

 

クライネシャイデック近くの人工湖(ファルボーデンゼー)

ハイキングのビューポイントの一つとして綺麗な人口湖があります。

f:id:heat02zero:20200725210454j:plain

しばらく道なりに進み、人工トンネルを抜けると…

f:id:heat02zero:20200725210519j:plain

右手には巨大なアイガー北壁が。

f:id:heat02zero:20200725210545j:plain

左手に少し登ると…

f:id:heat02zero:20200725210604j:plain

人工湖がみえてきます

対岸まで歩いていくと、素晴らしい景色が一面に広がります。そこそこ風が流れています。

f:id:heat02zero:20200725232342j:plain

青々とした湖。快晴。押し寄せる氷河。絶景でした。

f:id:heat02zero:20200725232818j:plain

ビューポイントを示す足場がありましたが、確かにビューポイントでした。

f:id:heat02zero:20200725233226j:plain

アイガー奥の山々も綺麗にみえました。

www.instagram.com

 

パンフレットのビューポイントへ

湖を見終え、クライネシャイデックまではもう少し。道中、パンフレットにも載っているスポットで電車の撮影をしました。

f:id:heat02zero:20200725214326j:plain

ユングフラウヨッホから戻ってきた電車がやってきました。

f:id:heat02zero:20200725214400j:plain

季節次第では、きれいな草原をバックに撮れそうですね。

f:id:heat02zero:20200725214457j:plain

綺麗な赤の車体が駆け抜けていきます。

f:id:heat02zero:20200725214546j:plain

目の先はクライネシャイデックです。

f:id:heat02zero:20200725214604j:plain

到着しました。

クライネシャイデックに到着

クライネシャイデック駅は、グリンデルワルト方面、ラウターブルーネン方面の二方向から乗り入れし、ユングフラウヨッホへと向かうハブとなっている駅です。景色も良く、ホテルがいくつかあります。その分ホテル代も高いです。

駅舎には食事を提供する売店やキオスクのような売店があり、テラス席で流れる音楽と景色を楽しむことができます。

f:id:heat02zero:20200725233352j:plain

駅前はテラス席があり、アルコールや美味しい食べ物を食べながら景色を楽しむ人々で賑わっていました。

この後、グリンデルワルトに向けてさらに下りのハイキングをおこなうので、アルコールは飲みませんでした。が、がまんできず、アップルサイダーを買いました。3.30CHF。グリンデルワルトのCOOP価格の倍ですが、あらがえず…。

人気のハイキングコースだけあって、そびえ立つ山々の迫力、広がる景色、穏やかなハイキング道は大変満足のいくものでした。

くわえて、快晴に穏やかな気候の日にできたこと、とても幸運でした。

ぜひまたいきたいと思います。

 

次回に続きます。

heat02zero.hatenablog.com