heat02zeroのブログ

僕はまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月スイスひとり旅 その12(5日目・グリンデルワルト森林浴編)

f:id:heat02zero:20200504015716j:plain

夕焼けの村に明かりが灯っていく様子はとても素敵でした。

こんにちは。@heat02zero です。

今回は旅行5日目。グリンデルワルトでの森林浴編です。

前回はこちら

heat02zero.hatenablog.com

 

川沿いハイキング

グリンデルワルトは、ツェルマット(標高1600m弱)よりもやや低い(標高1000m弱)ですが、来たばかりでの高山ハイキングは流石にしんどいので、軽めに流すことにしました。

ルートは、メイン通りから、まずはリュチーネー川に向かって坂を下り、川に沿って林道を抜けてしばらく歩いたのち、メイン通りに向かって登り、帰宅する、という四角く一周するコースです。だいたい3.5キロぐらいでした。

 

f:id:heat02zero:20200504012725j:plain

メイン通りからまずは下っていきます。

f:id:heat02zero:20200504012835j:plain

徐々にアイガーが迫ってきます。

f:id:heat02zero:20200504013211j:plain

もう少し歩いて左を見るとこれです。スケール感が違いすぎる…。

f:id:heat02zero:20200504013416j:plain

橋の方まで来ました。

f:id:heat02zero:20200504013445j:plain

渡った先にハイキングコースへの入り口があります。

f:id:heat02zero:20200504013538j:plain

後ろに振り返るとこんな感じ。

f:id:heat02zero:20200504013559j:plain

ハイキングの入り口。川に沿って林がある感じでした。

f:id:heat02zero:20200504013720j:plain

整備されており、歩きやすい。

f:id:heat02zero:20200504013748j:plain

涼しくて心地よい。体力が回復していく。

f:id:heat02zero:20200504013846j:plain

道の先には…

f:id:heat02zero:20200504013914j:plain

休息用に赤いベンチが設置されていた。

f:id:heat02zero:20200504010955j:plain

川に沿って林道を進む。せせらぎの音に耳をすませながら、時折見え隠れする山々を堪能できる。

f:id:heat02zero:20200504014103j:plain

9月ですが、結構水量が多かったです。

f:id:heat02zero:20200504014143j:plain

山もよく見えるので、川の音に耳をすませながら、少し休憩。

f:id:heat02zero:20200504014253j:plain

スマホで山壁を見る。ゲームのような崖で現実感がない。

f:id:heat02zero:20200504014356j:plain

木漏れ日。木々のそよぎ。川のせせらぎ。理想のハイキングでした。

軽井沢や上高地が想起されますね。姉妹都市などを結んでいるのも納得です。軽井沢辺りを散策していたら、グリンデルワルトに迷い込まないかなぁ。いつでも行けたら最高なのに。そんなことを考えながら森林浴をしていました。

f:id:heat02zero:20200504014706j:plain

林道を抜け、ひらけた場所に出ました。

f:id:heat02zero:20200504014738j:plain

ほとんどの家屋がアイガーに向かって建てられているのがわかります。

f:id:heat02zero:20200504014834j:plain

9月ですが、夏の残り香を感じられました。

f:id:heat02zero:20200504014930j:plain

ところどころに牧場や酪農施設がありました。

のどかな雰囲気とともに、堆肥や草花の香りが漂ってきます。

この先から、メイン通りに向けてまた坂を上っていきます。

f:id:heat02zero:20200504015157j:plain

上りながら。谷の向こうに氷河らしきものも見えます。

やはり、スマホ(iPhone)よりミラーレス一眼(EOS RP)の方が風景の質感がいいですね。もっと撮影しておけばよかった…。

f:id:heat02zero:20200504015329j:plain

メイン通りに戻ってきました。この道をまっすぐ行けば駅まで戻れます。

f:id:heat02zero:20200504015415j:plain

店先のらくがき牛。どこの国でも似たようなものですね。

無事にハイキングが終わり、ようやく昼食です。コープに寄って、ビール、アップルサイダーベーグル、サラミなど購入しました。ベーグルはパストラミが美味しかったです。ウーロン茶も買ってみたのですが、がっつり甘かったです。

旅行の間、色んなお茶を買いましたが、砂糖の入っていないお茶はありませんでした。帰りの飛行機の中で、お茶が甘くないことに感動したことを覚えています。次回はお茶の粉末も持って行こうかなと思いました。

 

翌日以降の計画立て

一応、いきたいところは旅行前に調べていましたが、どの日にどこにいくか、までは決めていませんでした。天候と体力が理由です。山の天気が変わりやすいことと、ハイキング量によって疲れや体調も変わってくるので、なるべく直前に決めようと考えていたためです。

ここ、グリンデルワルトがこの旅でもっとも滞在時間が長いため、マップや冊子と相談しながら決めました。雨の日だった場合の選択肢。食べたい昼食。休息日など。お金とも相談でしたが、希望通りのところは行けそうです。結果としては、晴れ4日間。濃霧1日でしたので、大勝利でした。

明日は朝一でユングフラウヨッホに行き、手前のアイガーグレッチャーからグリンデルワルトまでハイキングすることにしました。

 

グリンデルワルトの夕べ

そうこうしているうちに、茜空になってきました。北壁は赤く染まり、点在する家々が灯っていきます。

f:id:heat02zero:20200504015716j:plain

夕焼けの村に明かりが灯っていく様子はとても素敵でした。

f:id:heat02zero:20200504205011j:plain

夕日が稜線を際立たせている。暖かみのあるオレンジ色の街灯もいいですね。

夜遅くになると、一体が真っ暗になり、綺麗な星空を眺めることができました。すばらしかったです。

 

次回、ユングフラウヨッホ編に続きます。

heat02zero.hatenablog.com