heat02zeroのブログ

そしてまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月 スイスひとり旅 その7(3日目・始発のゴルナーグラート鉄道編)

 

f:id:heat02zero:20200216202506j:plain

空の麓、ゴルナーグラート駅。マッターホルンはもちろんのこと、4000m級の名峰が一望できる。絶景。(右奥はモンテローザ。4634m)

こんにちは。@heat02zero です。

今回は、始発のゴルナーグラート鉄道編です。

前回はこちら

heat02zero.hatenablog.com

 

 

早朝のツェルマット駅へ。

はりきって、5時に起床し、6時15分にホテルを出発しました。天気は晴れです。期待に胸を踊らせ、6時半にはゴルナーグラート鉄道ツェルマット駅に到着しました。駅の開場を待つかたわらで、路地から見えるマッターホルンを撮影していました。

f:id:heat02zero:20200216202922j:plain

徐々に明るさを増す空に、その姿が浮かび上がっていきます。

6時50分に会場らしく、時間が近づくにつれて、同じように始発を待つ人が増えてきます。45分には開場しました。

ゲートを通り、車両に乗り込みます。一番後ろの車両の、進行方向右側の後ろに座りました。出発間際になると混み始めるので、いい席を確保したい場合は早めに行くことをお勧めします。

 

f:id:heat02zero:20200216203311j:plain

車両の座席はこんな感じで折りたたみ式です。

 いざ出発!

7時。いよいよ出発です。目に焼きつく、素晴らしい絶景が広がっていきます。

www.instagram.com

日本語のアナウンスも流れます。九月中旬は、日の出とほぼ同じ時刻のため、車内からマッターホルンの綺麗な朝焼けが観られます。

f:id:heat02zero:20200216203721j:plain

居住区域からだんだんと森林区域へ。マッターホルンの尖峯が朝日に灯り始めます。

f:id:heat02zero:20200216203946j:plain

登るにつれて、赤く輝いていきます。生で観ると現実感を失うような光景でした。

下の動画は是非見ることをお勧めします。森林区域を抜けると、突如目の前に現れる赤いマッターホルンは本当に素晴らしいです!

www.instagram.com

 

f:id:heat02zero:20200216204508j:plain

森林限界を超える頃には、周囲の稜線がはっきりと見えるようになります。

f:id:heat02zero:20200216205845j:plain

ところどころ冬のスキーのための工事などがなされているようだった。

途中、ローテンボーデン駅で、鏡マッターホルンを見るために下車する人がまぁまぁいました。

f:id:heat02zero:20200216204712j:plain

降りてすぐ登山道になってる感じです。

f:id:heat02zero:20200216204817j:plain

下に見えているのが、鏡マッターホルンが見られるリッフェルゼー。歩いて5分〜10分。

f:id:heat02zero:20200216205058j:plain

ゴルナーグラート駅に近づく頃には、残雪や氷河が見え始めてきました。

f:id:heat02zero:20200216205232j:plain

展望台は目と鼻の先! 終着駅が近づく。見たかったものが見られる、という高揚感に包まれました。

f:id:heat02zero:20200216205355j:plain

振り返ると生命や人工物は線路だけで、世界の果てにやってきたような感じがしました。


頂上、ゴルナーグラート駅

f:id:heat02zero:20200216210016j:plain

ゴルナーグラート展望台。さながら天空の要塞のよう。

7時32分。ゴルナーグラート駅に到着しました。降りてまず思ったのは、めちゃくちゃ寒い。本当に寒い。

www.instagram.com

駅の目の前には、本当に現実の世界なのか。スケールが違いすぎる絶景が目の前に広がっています。

f:id:heat02zero:20200216210611j:plain

そこにあるのは、マッターホルンだけ。写真の枠では伝えきれない遠景です。

展望台に向けて登っていきます。流石に、3100mの高さでは、ちょっとした坂を登るだけで息がきれるので、慎重に登りました。空気が澄んでいるけれど、薄いです。

f:id:heat02zero:20200216211233j:plain

奥には朝日に淡く輝くモンテローザ。道は整備されていますが、柵の向こうは崖です。

同じように一人でやってきたという、おそらくヨーロッパのご婦人の方と写真を取り合ったりしました。

 

f:id:heat02zero:20200216211530j:plain

広がる絶景に視線を奪われながらも、ゆっくりと坂を進みます。

f:id:heat02zero:20200216211623j:plain

よく観光地で見かける、○○へやってきました的な顔をはめる看板とは異なり、山そのものをはめるようです。

展望台を越え、まずは頂上へ向かいました。

f:id:heat02zero:20200216211838j:plain

展望台はホテル併設です。めちゃくちゃ高いですが、泊まると最高の朝を迎えられそうです。

f:id:heat02zero:20200216212018j:plain

頂上。これを観るためにはるばる来たんだなぁ。感慨に浸ります。

頂上に来たので、もちろんあれをやりました。トブラローネ合わせです!

そのために昨日の夜わざわざコープで買ってきました(下の動画)。角度はやや違いますが、良しとしましょう。

www.instagram.com

 

満足したところで、展望台に向かいます。

 

 

絶景の朝にモーニングコーヒーを。

f:id:heat02zero:20200216212432j:plain

展望台にはカフェテラスが併設されており、食事などを取りながら絶景を楽しめる。

建物内の受付の人に何か飲めますか、外で飲んでいいかを尋ね、外でコーヒーを飲みました。当たり前ですが、クソ寒いので、自分以外に外で飲む人はいなかった。つまり、この景色を独り占めです。これを最高と呼ばずに何を最高と呼ぶのでしょう。

f:id:heat02zero:20200216212723j:plain

こんなに素敵なカフェがこの世界にあったとは。まさに、幸せ、の一言。

f:id:heat02zero:20200216212941j:plain

左手には、リスカム、モンテローザ。静かな朝。広がる絶景。温かいコーヒー。これ以上何もいらない。

ゴルナーグラート駅へ

f:id:heat02zero:20200216213341j:plain

ゆっくり登った坂も、くだりはあっという間です。


一通り満足したので、駅に戻ります。下りは別のルート(線路の上を通る陸橋を渡って駅に向かう)です。

f:id:heat02zero:20200216213817j:plain

途中には展示スペースもありました。

陸橋からも素敵な写真をたくさん撮ることができました。電車が登ってくる様子も撮れます。

www.instagram.com

f:id:heat02zero:20200216213639j:plain

登山鉄道というだけあって、なかなかすごい斜面を登ってきたことがわかります。

f:id:heat02zero:20200216213923j:plain

次の車両が到着しました。

f:id:heat02zero:20200216213954j:plain

それにしても、とんでもない駅です。終着駅の向こうに氷河が広がっているなんて。

f:id:heat02zero:20200216214108j:plain

車両。鉄の塊っぽさが、かえって安心感をもたらしてくれます。

f:id:heat02zero:20200216214252j:plain

陸橋からのマッターホルン。どこから撮っても美しいですね。

 

ローテンボーデンに向けて移動

f:id:heat02zero:20200216214419j:plain

約一時間の滞在を終え、次の目的地ローテンボーデンに移動します。

マッターホルンが見られるリッフェルゼーに向けて移動します。

 

次回に続きます。

heat02zero.hatenablog.com