heat02zeroのブログ

そしてまた、旅に出る。Twitter: @heat02zero

2019 9月 スイスひとり旅 その6(2日目,ツェルマット到着編)

f:id:heat02zero:20200208220654j:plain

街のどこにいても、"そこ"にいるマッターホルン。ツェルマットの守り神だ。

こんにちは。@heat02zero です。今回はスイス旅行二日目の夜。ツェルマット到着編です。

 

前回はこちら

heat02zero.hatenablog.com

 

ゴルナーグラート鉄道 ツェルマット駅へ

翌日早朝、ゴルナーグラート鉄道に乗り、ゴルナーグラートへいきます。そのため、氷河急行の車内で、ゴルナーグラート鉄道について調べていました。時間帯によっては優先搭乗チケットとか乗らないと、いい席には座れないと書かれていました。

せっかく来たので、窓際で写真や動画を撮りたい。ということで、早朝の便について確認するため、ゴルナーグラート鉄道ツェルマット駅の窓口に向かいました。

朝早くの電車に乗るんですが、優先搭乗チケットは必要ですか、と尋ねると、どうやらいらないようです。どちらにせよ朝から乗るので、往復分のチケットを購入しました。

このチケットは、往復のどの区間でも下車でき、乗車していない区間であれば、途中下車先や、別の駅から乗り降りできるとのこと。天候の良し悪しもあるからか、使用期限は10日間ほど使えます。

 

f:id:heat02zero:20200208221300j:plain

ゴルナーグラート鉄道の乗車券。ICチップが埋め込まれており、改札横の壁にタッチして出入場する。

冬はスキー場になるためか、簡易ゲートのような改札になっています。スキー場のリフト乗り場に設置されている改札をイメージしていただければお分かりかと思います。ゴルナーグラート鉄道では無人駅(時間帯によるのかもしれない)もあるため、SBBアプリではなく窓口で買う方がいいと思います。

マップをもらい、始発便に乗ることにしました。電車のタイムテーブルも書かれているので便利です。

 

f:id:heat02zero:20200208221436j:plain

裏表で冬と夏の別のマップになっている。運行時間や金額が季節やパスによって異なっる旨が記載されている。

ホテルへ

少し登る。駅から歩いて10分ぐらいです。

途中、日本人橋と呼ばれるところも通りました。日本人が皆カメラを構えるからのようです。

f:id:heat02zero:20200208221652j:plain

どこを歩いてもマッターホルン

f:id:heat02zero:20200208221726j:plain

どこを歩いてもマッターホルン

ホテルに到着し、チェックイン。ホテルスタッフさんは若い女性で、誰とでもすぐ打ち解けて冗談言うタイプの方でした。朝食時間や鍵の説明を受け、部屋に荷物を置きにいきます。

f:id:heat02zero:20200208221831j:plain

部屋。綺麗だし、広い。普通に住める。

夕食を食べに。

日本人橋そばのレストランに行きました。テラス席からは、もちろんマッターホルンが見られます。

f:id:heat02zero:20200208222311j:plain

テラス席。工事中ではあったものの、マッターホルンを眺めながら食事ができる。

f:id:heat02zero:20200208222024j:plain

普段ビールを好んで飲みませんが、テラス席の眺めも良く、美味しい。

f:id:heat02zero:20200208222123j:plain

ビーフハンバーガー。ファーストフードのハンバーガーとは違う、スイス牛の旨味。美味しかった。

初めて外で夕食を食べたわけですが、やはり物価の高さを感じます。ビールは日本の飲み屋で飲む価格とほとんど変わらない感じでしたが、ハンバーガーですら20CHFぐらいからでした。でも、値段なだけあって、肉はおいしいです。

 

コープでお買い物。夜の散策。 

閉店時間は八時とのことで、滑り込みで買い物に行きました。明日は本格的なハイキングなので、栄養補給ができそうなものを購入しておきました。

・かための揚げドーナッツ(量がかなりあって後半のハイキング中の携帯食として食べていた。)

・トブラローネ(山の上で"あれ"をやるため)。

・水(粉のアクエリアスと調合)

などなど。

無事に買い物が終わった後に散歩しました。

f:id:heat02zero:20200208223151j:plain

橋より。夕闇でもマッターホルンがいます。

f:id:heat02zero:20200208223235j:plain

同じ橋の対岸側。街に明かりが灯り出す時間はいいですね。

f:id:heat02zero:20200208223353j:plain

食事をしたレストラン。また行きたい。

f:id:heat02zero:20200208223443j:plain

夜のツェルマット駅。静か。

f:id:heat02zero:20200208223539j:plain

大通りを登っていきます。

f:id:heat02zero:20200208223607j:plain

日本と姉妹都市を結んでいることもあってでしょう。日本の名前のレストランもありました。

f:id:heat02zero:20200208223649j:plain

立派なホテル。昼間に庭に食事できる場所がありました。

f:id:heat02zero:20200208223831j:plain

スイス銀行もなんだかおしゃれです。

f:id:heat02zero:20200208223857j:plain

教会。昼の時間帯に鐘が響き渡っていました。

翌日始発でゴルナーグラート行くことにするため、9時半には寝ました。

いよいよ絶景を拝みにいきます。

 

次回に続きます。

heat02zero.hatenablog.com